TOEFLとIELTSで留学

TOEFL IELTS

 

TOEFLとIELTSは留学に必要な資格

 

日本で英語資格としてよく受けるのは英語検定試験とTOEIC。

 

でも英語検定試験は主に日本のみ認められている資格で、TOEICはビジネス向けの資格となります。

 

留学で必要になる英語の証明はTOEFLとIELTSがメインです。

 

ではTOEFLとIELTSは何が違うのでしょうか。

 

 

TOEFLとIELTSの比較

 

TOEFL IELTS
名称 Test of English as a Foreign Language International English Language  Testing System
運営 アメリア系(Educational Testing Service のNPO団体が主催) イギリス系 (ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営)
テスト内容 Reading,、Listening,、Speaking、Writing Reading、Listening、Writing、Speaking
受験方法 テストセンターにて全セクションコンピュータ上で受験 解答用紙の記入と試験官と対話面接
受験料 US$235(テスト日の7日前までの申し込み) 25,380円
申し込み方法 オンライン、郵送、電話 オンライン

 

       

TOEFLについて

 

TOEFLテストは1964年に米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。

 

アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなど、150か国、10,000以上の機関で英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用されています。

 

ただしイギリスでビザ申請をする際に必要な英語能力の証明にはTOEFLのスコアは認めてもらえません。

 

 

IELTSについて

 

IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTSオーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営で保有する試験でイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められています。

 

IELTSは全世界140ヵ国、合計10,000機関が留学や研修の英語力証明として認定しており、近年はアメリカでもTOEFLに代わる試験として認める機関が増え受験者が急増しています。

 

 

留学はTOEFLかIELTSどちらにするか

 

留学準備でTOEFLを受けるかIELTSにするかは希望の留学先によって変わってきます。
主としてアメリカ系の大学に行きたいならTOEFL、イギリス系の大学に行きたいならIELTSを受けた方が入りやすいようです。

 

大学によって認定可否が違いますので、まずは自分が希望する留学先、大学の必要な英語能力の証明は何かを調べてみることが大切です。

 

そしてそれに向けてTOEFLかIELTSを勉強していきます。

 

 

=TOEFL、IELTSのライティング対策ならこちらがおすすめです。=

 

 

また留学前に生活英会話を身に付けておくことで、留学先での不安をなくすことも大切です。
生活英会話を身に付けるのにおすすめがオンライン英会話です。

 

オンライン英会話のおすすめはこちらをどうぞ!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加
   

 

オンライン英会話で留学準備