オンライン英会話で留学準備 気をつける英語

イギリスロンドン留学で恥をかいた英語

 

イギリスロンドンに短期留学していた人が恥をかいた実際の体験談です。

 

ロンドンに短期留学したことがあるのですが、発言してはいけない英単語を使って、恥をかいたことがあります。海外留学を目指しておられる方に参考になればと思います。

 

留学と言っても、ホームステイでした。ですから朝食と夕食はご夫婦と一緒に食べていました。

 

日本ではJリーグの創世記で、イングランドほどの歴史はありませんでした。しかしロンドンでは、プロ野球の話題は盛り上がりません。そういう事情もあり、食卓での話題はサッカーの話が多かったです。

 

ヨーロッパではフットボールという言い方の方が普通です。しかし日本人にはフットボールは、サッカーとは違うスポーツになってしまいますよね。その習慣がありますから、私はフットボールという表現は使えませんでした。

 

そしてある時、サッカーと発音して、食卓が凍りついた時間帯がありました。実は日本人がサッカーを発言すると

 

「sucker」

 

と聞こえてしまう発言になります。この「sucker」はかなり人を侮辱する表現です。おめでたい人、みたいな感じです。

 

サノバビッチ、ほどひどい表現ではありませんが、アジアからロンドンに短期留学でやって来た日本人が、サッカーを発音するとかなりやばいことになります。

 

数秒してやっと、soccerだと気づいていただけたようなんですが、とても気まずい思いをしました。

 

ほとんど同じ発音で日本人には区別がつかないこの2単語。
現地の人は日本人がこんなこと言ってさぞ驚いたことでしょう。

 

海外留学に行こうと思っている人はちょっと頭に入れておいてくださいね。