オンライン英会話で留学準備 大学留学

日本の高校からオーストラリアの大学へ留学

 

日本の高校を卒業した後オーストラリアの大学へ入ろうと思うと、オーストラリアの英語の試験IELTS(アイエルツ)のアカデミックコースを受ける必要があります。

 

そして海外の留学生は大学に入る前に大学準備コースに通う必要があり、この準備コースに通うためにもIELTSで5.0以上は必要になります。

 

専門学校から大学へ編入する方法もありますが、この場合も専門学校へ入るのにIELTSで5.0以上取る必要があるため、英語力を伸ばすことが最も大切になります。

 

大学へ入るためのコースはこちらを参照ください。

 

  1. 語学学校入学。IELTS5.0以上取得 ⇒ ファンデーションコース ⇒ 大学1年生
  2. 語学学校入学。IELTS6.0以上取得 ⇒ 大学1年生 (学部によってはファンデーションコースが必須のところがあります。)
  3. 語学学校入学 ⇒ IELTS取得後にEAPコース ⇒ 提携大学1年生
  4. 語学学校入学 ⇒ 大学付属専門学校1年間⇒ 大学2年生に編入(成績による)

 

 

日本から留学しようと思うとまずは語学学校へ入学して英語力をつけることから始まります。
現地で少しでも早く大学に入るために日本にいる間からオンライン英会話や英語の教材を使って英語学習をしておくことが大切です。

 

 

イギリス系のインターナショナルスクールへ通って留学

 

イギリス系のインターナショナルスクールへ通うとIGCSEを受験します。このIGCSEの結果で海外留学をすることができます。

 

インターナショナルスクールは別に日本でなくてもアジア圏などで通うことも可能で、近頃そういう人が増えています。

 

IGCSEはイギリスの義務教育終了試験でOレベルと呼ばれています。

 

IGCSEで受けられる科目は70科目以上もあり、その中から自分で得意の科目や専攻したい学科の科目を最低5科目から最高14科目まで受けることが出来ます。

 

IGCSEのために勉強する教科は学校によって異なるためインターナショナルスクールを選ぶときは自分の学びたい教科を教えているか確認した方がいいでしょう。

 

IGCSEの必須科目は英語、数学、物理、化学、生物。
IGCSEの評価はこちらです。

  • A*: 90%以上
  • A: 80%以上
  • B: 70-79%
  • C: 60-69%
  • D: 50-59%
  • E: 40-49%
  オーストラリアの大学へ進学したい場合IGCSEの結果が6科目以上でC以上(60%以上の点数)を取る必要があります。

Cが6科目以上取れなかった場合年に2回行われる試験を何度でも受けることが出来ます。

 

イギリス圏の大学へ留学しようと思う場合ここから複数の選択肢が選べます。

  • IBコース:世界中の多くの大学で認めている試験。
  • Aレベル:イギリスの大学で重視される試験。
  • ファンデーションコース:大学付属の準備コース

 

どのコースを選んだらよいかは、大雑把にいうと多くの国へ行ける選択肢が欲しい場合はIBコース

 

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどイギリス連邦国の大学に行きたい。しかしまだ大学も学部もわからない場合はAレベル

 

 

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどイギリス連邦国の大学で専攻も決まっている場合はファンデーションコース

 

 

というところです。
IBコースやAレベルは幅広い分野を勉強しないといけないのでとても大変です。
できるだけ早めに行きたい大学、選考を決めておけばファンデーションコースで自分の興味のある専門分野を勉強するが出来るのでおすすめです。

 

 

海外留学を目指すのであればなにはともあれ英語力が必須。
早めに英語、英会話の勉強を始めましょう!

 

 

 

 

【まずは英会話の準備。オンライン英会話で無料体験レッスンを受けましょう!】

 

業界初!予約無しでレッスン回数無制限のオンライン英会話【ネイティブキャンプ】

 

オンライン英会話 ボストン倶楽部