留学とワーキングホリデー

ワーキングホリデーと留学のちがい

 

海外の学校へ入ってその国の語学を勉強する留学とワーキングホリデー略してワーホリと呼ばれているのとは何が違うのでしょうか。

 

まず留学とワーキングホリデーではビザが違います。
留学は勉強する学校から証明をもらってスチューデントビザを取ります。

 

ワーキングホリデーは日本と協定を結んでいる国に申請できるワーキングホリデービザです。

 

留学ビザは学校がその人がその学校で勉強している、勉強する予定だと認めれば年齢に関係なくその年数に応じた複数年のビザが発行され、必要に応じて現地で更新することが可能です。

 

ワーキングホリデービザは国によって規定が変わりますが、ほとんどが1年間のビザで年齢は18歳以上30歳未満という制限があります。

 

留学が学校は学校へ入って勉強することが目的で、仕事は決められた時間内のアルバイトのみ認められいますが、学校の出席日数が足りなかったりするとビザが停止されることもあります。一方ワーキングホリデーは働くことも、勉強することも、観光することも出来るため、かなり自由にその国で過ごすことができます。

 

現在日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国は以下のところで、英語圏だけでなくあらゆる国に行くことができます。

 

ワーキングホリデーで行ける協定国
オーストラリア
カナダ
ニュージーランド
イギリス
フランス
ドイツ
アイルランド
デンマーク
ノルウェー
香港
台湾
韓国
ポーランド
ポルトガル
スロバキア

オーストリア
ハンガリー
スペイン

 

こちらの ビザを取ったり、飛行機を取ったりはエージェントにお願いできるし、日本でインターネットで調べて申し込むこともできるので、留学のように高校や大学の試験を受けて合格しないと学校からの承認がおりないということはありません。

 

ワーキングホリデーではまず語学学校に入ることをおすすめ

 

ワーキングホリデーは現地についたら全て自分で手配しないといけません。
エージェントの頼めば空港などのお迎えも手配してくれたり、語学学校やホームステイの人が迎えに来てくれるサービスがあるようですが、基本すべて自分です。

 

現地で仕事を探すのはもちろん自分だし、ずっとエージェントに依頼したホームステイ先に住む人は少なく、慣れてきたら自分でアパートなど探して住む人がほとんどです。

 

誰も知らない異国の地で全ては自分任せ...
これこそワーキングホリデーの醍醐味ですね!

 

ここで大切なのが英会話
現地にいけばなんとかなるなんて甘い考えは捨てましょう。

 

英語が全然わからなくていきなり生活しようと思ったら頼ってしまうのがやっぱり日本人です。

 

 

現地で日本人グループとつるんでしまうと、その居心地のよさに甘えてせっかくワーキングホリデーで海外長期滞在しているのに全く英語が身につかなかったという結果になってしまいます。 

 

せめて日本で日常会話ぐらいできるように勉強してから渡航することが、現地で日本人に甘えないとても大切なポイントです。

 

留学と違って勉強だけが目的ではないワーキングホリデーでは自分がよほど努力しないと英語は身につきません。

 

そのためにもワーキングホリデーを考えたらすぐに英語の勉強を始めることをおすすめします。

 

留学とはちがうワーキングホリデーでとにかく短期に日常英会話を習得したいと思ったときおすすめの英語教材7+English

 

この教材は留学用の入試勉強にはおすすめできませんが、普段使う英会話の60パターンを丸暗記してしまう勉強法なので、現地についてすぐ日常会話が使えるようになりたいというワーキングホリデーを考えている人にぴったりです。

 

詳しい勉強法はこちらの公式サイトで確認下さい。=> 7+English